マグニフィカSとマグニフィカイーヴォの違いは?人気機種を徹底比較!

デロンギ
記事内に広告が含まれています。

デロンギのエスプレッソマシンには、マグニフィカSマグニフィカイーヴォのシリーズがあります。

人気機種のマグニフィカSと高機能なマグニフィカイーヴォは、機能が大きく異なります。

今回は、マグニフィカSとマグニフィカイーヴォの違いを徹底比較します。

マグニフィカSとマグニフィカイーヴォのどちらがおすすめなのかも紹介するので、あなたにぴったりの1台がきっと見つかりますよ。

マグニフィカSとは

マグニフィカSは、エスプレッソやカフェジャポーネ(レギュラーコーヒー)が楽しめるエスプレッソマシンです。

マグニフィカSはミルクの泡立てにも対応しているので、カプチーノやカフェラテも作れます。

マグニフィカSには、マグニフィカS、マグニフィカSエントリーモデル、マグニフィカSスマートの3機種があります。

マグニフィカSエントリーモデルはこちら
通常のマグニフィカSはこちら
スペシャリティ対応のマグニフィカSはこちら

マグニフィカイーヴォとは

マグニフィカイーヴォとは、ワンタッチでミルクメニューを楽しめるラテ機能がついたエスプレッソマシンです。

マグニフィカSは自分でミルクを注ぐ必要がありますが、マグニフィカイーヴォはボタンを押すだけで自動でカフェラテなどのミルクメニューを作れます。

マグニフィカイーヴォには4メニュー対応と6メニュー対応の2つの機種があります。

4メニュー対応
6メニュー対応

マグニフィカSとマグニフィカイーヴォの違いは?

ここではマグニフィカSとマグニフィカイーヴォの違いを詳しく紹介します。

マグニフィカSマグニフィカイーヴォ
ミルク泡立て手動自動
マイラテ×
メニュー操作ボタンタッチパネル
コーヒー濃度調整無段階ダイヤル式3段階ボタン式
抽出温度設定4段階3段階
本体サイズコンパクトやや大きい
豆容量250g230g
スペシャルティ対応マグニフィカSスマートマグニフィカ イーヴォ(6メニュー)

ミルク泡立ての違い

マグニフィカSとマグニフィカイーヴォの一番の違いは、ミルク泡立てです。

マグニフィカSにもミルク泡立て機能はありますが、できあがったミルクをエスプレッソにそそぐ作業は自分で行う必要があります。

マグニフィカイーヴォは、ボタン1つでカプチーノなどのミルクメニューを自動で作ってくれます。

マイラテの違い

マグニフィカイーヴォには、マイラテという機能があります。

マイラテは、ミルクコンテナに入れたミルクをすべて泡立ててくれる機能です。

マイラテを選択すると、自分の好きなミルクの量でカフェラテを楽しめます。

メニュー操作の違い

マグニフィカイーヴォとマグニフィカSは、メニュー操作が違います。

マグニフィカイーヴォはタッチパネル式ですが、マグニフィカSはボタン式です。

コーヒー濃度調整の違い

マグニフィカSとマグニフィカイーヴォは、コーヒーの濃度調節方法が違います。

マグニフィカSは、コーヒーの濃さをダイヤルを回して調整します。

マグニフィカイーヴォは、マイルド・スタンダード・ストロングの3つのボタンで濃さを調整します。

抽出温度設定の違い

マグニフィカSとマグニフィカイーヴォは、コーヒーの抽出温度の設定が違います。

マグニフィカSは4段階の抽出温度設定から選べますが、マグニフィカイーヴォは3段階です。

本体サイズの違い

マグニフィカSとマグニフィカイーヴォは、本体のサイズと重さが違います。

コンパクトモデルのマグニフィカSに比べると、マグニフィカイーヴォはサイズと重さが少し大きいです。

豆容量の違い

マグニフィカSとマグニフィカイーヴォは、コーヒー豆の容量が違います。

マグニフィカSは本体がコンパクトですが豆容量は250gで、マグニフィカイーヴォの230gよりも多いです。

スペシャルティはどちらも対応モデルあり

デロンギのエスプレッソマシンには、サードウェーブコーヒーを楽しめるスペシャルティという機能があります。

スペシャルティに対応しているマシンなら、コーヒー豆本来の味と香りを楽しめる抽出ができます。

マグニフィカSスマートとマグニフィカ イーヴォ(6メニュー)は、スペシャルティの抽出に対応しています。

マグニフィカSとマグニフィカイーヴォのどちらがおすすめ?

ここではマグニフィカSとマグニフィカイーヴォのどちらがおすすめなのか紹介します。

マグニフィカSがおすすめの人

マグニフィカSがおすすめの人
  • 手ごろなエスプレッソマシンがほしい人
  • コンパクトなエスプレッソマシンがほしい人
  • 手動のミルク泡立てで十分な人

マグニフィカSは、手ごろなエスプレッソマシンがほしい人におすすめです。

マグニフィカSはミルクを自分で注いでカプチーノなどを作る必要がありますが、マシンの価格は手ごろです。

ミルクメニューを自動で作ることにこだわりがなければ、マグニフィカSがおすすめです。

一番価格が手ごろなのは、マグニフィカSエントリーモデルです。

マグニフィカSエントリーモデルはこちら

マグニフィカSの通常版は、エントリーモデルとは少し機能が違います。

機能にこだわりのある人は、マグニフィカSも検討しましょう。

通常のマグニフィカSはこちら

サードウェーブコーヒーを楽しむスペシャティ機能がほしい方は、マグニフィカSスマートを選びましょう。

スペシャルティ対応のマグニフィカSはこちら

マグニフィカイーヴォがおすすめの人

マグニフィカイーヴォがおすすめの人
  • ボタン1つでミルクメニューを楽しみたい人
  • 自分の好みの量のミルクでラテを楽しみたい人
  • コーヒーの濃度をボタンで調整したい人

マグニフィカイーヴォは、ボタン1つでミルクメニューを楽しみたい人におすすめです。

またマグニフィカイーヴォのマイラテ機能を使えば、自分の好きな量のミルクでラテが作れます。

自動でできる機能が多いマシンがほしい人には、マグニフィカイーヴォがおすすめです。

マグニフィカイーヴォ4メニューと6メニューの違いは、スペシャルティとラテマキアートです。

サードウェーブコーヒーを楽しみたい方は、スペシャルティに対応しているマグニフィカイーヴォ6メニューを選びましょう。

4メニュー対応
6メニュー対応

マグニフィカSとマグニフィカイーヴォの違いはミルク!

マグニフィカSとマグニフィカイーヴォの一番の違いは、ミルクです。

高機能なマグニフィカイーヴォなら、ミルクメニューをボタン1つで楽しめます。

ミルクメニューを自動で楽しみたい方には、マグニフィカイーヴォがおすすめです。

スマホは横スクロール
項目マグニフィカS エントリーモデルマグニフィカSマグニフィカS スマートマグニフィカ
イーヴォ(4メニュー)
マグニフィカ
イーヴォ(6メニュー)
型番ECAM22112B/WECAM23120BN/WNECAM25023SBECAM29064XBECAM29081XTB
価格(税込)69,800円92,800円128,000円148,000円168,000円
サイズ(W×D×H [cm])23.8×43×3523.8×43×3523.8×44×3524×44.5×3624×44.5×36
重さ 9.5kg9.0kg9.5kg10kg10kg
カラーブラック/ホワイトブラック / ホワイト(数量限定)シルバーブラックブラックチタニウムブラック
メニュー操作ボタンボタンボタンタッチパネルタッチパネル
水タンク1.8L1.8L1.8L1.9L1.9L
豆容量250g250g250g230g230g
ラテクレマ×××
ミルク泡立て手動手動手動自動自動
ミルク簡易洗浄×××
コーヒーメニューエスプレッソ、カフェジャポーネエスプレッソ、カフェジャポーネエスプレッソ、スペシャルティ、カフェジャポーネエスプレッソ、カフェジャポーネエスプレッソ、スペシャルティ、カフェジャポーネ
ミルクメニュー手動(フォームミルク)手動(フォームミルク・スチームミルク)手動(フォームミルク・スチームミルク)自動(カプチーノ、マイラテ)自動(カプチーノ、ラテマキアート、マイラテ)
コーヒー濃度設定無段階ダイヤル式無段階ダイヤル式無段階ダイヤル式ボタン式(マイルド・スタンダード・ストロング)ボタン式(マイルド・スタンダード・ストロング)
コーヒー抽出温度設定4段階4段階4段階3段階3段階
給湯機能
ウォーターフィルター××