マグニフィカスタートとマグニフィカSの違いは?最新機種と人気機種を徹底比較

デロンギ
記事内に広告が含まれています。

デロンギのマグニフィカスタートは、2023年に発売されたマグニフィカシリーズの新機種です。

マグニフィカシリーズにはマグニフィカSという人気機種もあり、どちらを選ぶべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、マグニフィカスタートとマグニフィカSの違いを徹底比較します。

どちらがおすすめなのかも紹介するので、あなたにぴったりのデロンギマグニフィカを見つけてください!

項目マグニフィカS
エントリーモデル
マグニフィカSマグニフィカ
スタート
型番ECAM22112B/WECAM23120BN/WNECAM22020B/W
価格(税込)69,800円92,800円99,800円
サイズ(W×D×H [cm])23.8×43×3523.8×43×3524×44×35
重さ 9.5kg9.0kg9.5kg
カラーブラック/ホワイトブラック / ホワイト(数量限定)ブラック/ホワイト
メニュー操作ボタンボタンタッチパネル
水タンク1.8L1.8L1.8L
豆容量250g250g250g
ミルク泡立て手動手動手動
ミルク簡易洗浄×××
コーヒーメニューエスプレッソ、カフェジャポーネエスプレッソ、カフェジャポーネエスプレッソ、スペシャルティ、カフェジャポーネ
ミルクメニュー手動(フォームミルク)手動(フォームミルク・スチームミルク)手動(フォームミルク)
コーヒー濃度設定無段階ダイヤル式無段階ダイヤル式ボタン式(マイルド・スタンダード・ストロング)
コーヒー抽出温度設定4段階4段階3段階
給湯機能
ウォーターフィルター××

マグニフィカスタートとは

マグニフィカスタートとは、2023年に発売されたタッチパネル式のエスプレッソマシンです。

マグニフィカスタートは、エスプレッソやカフェジャポーネ(レギュラーコーヒー)、スペシャルティを楽しめます。

マグニフィカスタートはミルクの泡立てにも対応しているので、カプチーノやカフェラテも作れます。

マグニフィカSとは

マグニフィカSは、エスプレッソやカフェジャポーネ(レギュラーコーヒー)が楽しめるエスプレッソマシンです。

マグニフィカSもミルクの泡立てに対応しているので、カプチーノやカフェラテを作れます。

デロンギのエスプレッソマシンの中でも、マグニフィカSはシンプルな機能で特に人気のマシンです。

マグニフィカSには、通常のモデルとアマゾン・デロンギ直営店限定のエントリーモデルの2機種があります。

マグニフィカSエントリーモデルはこちら
通常のマグニフィカSはこちら

マグニフィカスタートとマグニフィカSの違いは?

ここではマグニフィカスタートとマグニフィカSの違いを紹介します。

マグニフィカスタートマグニフィカS
スペシャルティ×
メニュー操作タッチパネルボタン
コーヒー濃度調整3段階ボタン式無段階ダイヤル式
抽出温度設定3段階4段階
ウォーターフィルター×

スペシャルティの違い

マグニフィカスタートは、スペシャルティの抽出に対応しています。

スペシャルティとは、すっきりした繊細な味わいを楽しめるように抽出する機能です。

スペシャルティで淹れると、浅煎りのサードウェーブコーヒーの特徴を活かして抽出できます。

メニュー操作の違い

マグニフィカスタートとマグニフィカSは、メニュー操作が違います。

マグニフィカスタートはタッチパネル式ですが、マグニフィカSはボタン式です。

コーヒー濃度調整の違い

マグニフィカスタートとマグニフィカSは、コーヒーの濃度調節方法が違います。

マグニフィカスタートは、マイルド・スタンダード・ストロングの3つのボタンで濃さを調整します。

マグニフィカSは、コーヒーの濃さをダイヤルを回して調整します。

抽出温度設定の違い

マグニフィカスタートとマグニフィカSは、コーヒーの抽出温度の設定が違います。

マグニフィカSは4段階の抽出温度設定から選べますが、マグニフィカスタートは3段階です。

ウォーターフィルターの違い

マグニフィカスタートには、付属品としてウォーターフィルターがついてきます。

ウォーターフィルターを使うことで、マシン内部への石灰分の付着を減らすことができます。

ウォーターフィルターは2020年以降に発売されたマシンから搭載されています。

マグニフィカSは発売日が古いため、ウォーターフィルターの機能はありません。

マグニフィカスタートとマグニフィカSはどちらがおすすめ?

ここではマグニフィカスタートとマグニフィカSのどちらがおすすめなのか紹介します。

スペシャルティを飲みたいならマグニフィカスタート

スペシャルティを飲みたいなら、マグニフィカスタートを選びましょう。

マグニフィカにはほかにもスペシャルティに対応したマグニフィカSスマートがありますが、タッチパネル式の最新機種であるマグニフィカスタートの方がおすすめです。

また、ミルクメニューを作れるマグニフィカイーヴォ(6メニュー)もスペシャルティに対応しています。

マグニフィカイーヴォ(6メニュー)は、マグニフィカスタートよりも高機能の機種です。

機能がシンプルなマシンがほしいならマグニフィカS

機能がシンプルなマシンがほしいなら、マグニフィカSがおすすめです。

特にマグニフィカSエントリーモデルは、価格も手ごろでおすすめですよ。

マグニフィカSエントリーモデルはこちら

マグニフィカスタートとマグニフィカSの違いはスペシャルティとタッチパネル!

マグニフィカスタートは2023年に発売された、マグニフィカSよりも新しい機種です。

スペシャルティの抽出やタッチパネル式のメニューは、最新機種ならではの機能です。

最新のマグニフィカがほしい方には、マグニフィカスタートがおすすめです。