豆乳とコーヒーの相乗効果!豆乳コーヒーがもたらす効果とは

コーヒーコラム
記事内に広告が含まれています。

豆乳とコーヒーを混ぜた飲み物が豆乳コーヒーです。

豆乳とコーヒーを組み合わせると、豆乳独特のクセをやわらげ、コーヒーの苦みもマイルドになり飲みやすくなります。

また、豆乳とコーヒーにふくまれる成分をどちらも摂取できるので、さまざまな効果を得られます。

ここでは豆乳コーヒーの効果や作り方、注意点を紹介します。

豆乳とコーヒーのコンビネーションを楽しみながら、新たな味わいと健康効果を体験してみましょう。

豆乳コーヒーとは

豆乳コーヒーとは、コーヒーに豆乳を混ぜた飲み物です。

ミルクの代わりに豆乳を加えたり、豆乳とコーヒーを1:1で割ったりします。

豆乳コーヒーは市販されているものもあります。

豆乳コーヒーの中でも、エスプレッソに豆乳を混ぜたものソイラテと呼びます。

スタバで提供されているソイラテが有名です

豆乳コーヒーの効果とは

ここでは豆乳コーヒーの効果を紹介します。

コレステロールを下げる

豆乳コーヒーにはコレステロールを下げる効果があります。

豆乳にふくまれる大豆イソフラボンには、血中コレステロールと悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を減少させる効果があります。

コーヒーにふくまれるクロロゲン酸には、悪玉コレステロールが酸化するのを防ぐ効果があります。

悪玉コレステロールが酸化すると、動脈硬化が起こりやすくなります。

豆乳とコーヒーを合わせて飲むと、コレステロールの値を下げ、悪玉コレステロールが酸化するのを防げます。

骨の健康を守る

豆乳コーヒーには骨の健康を守る効果があります。

コーヒーにふくまれるカフェインには、カルシウムの排泄をうながす効果があります。

一日コーヒー2~3杯程度のカフェインを摂取する程度なら骨への影響はありませんが、カルシウムの総摂取量が極端に低い場合は注意が必要です。

一方、豆乳にふくまれる大豆イソフラボンには、骨からカルシウムが溶け出すのを抑える働きがあります。

コーヒーに豆乳を合わせることでカフェインの効果を相殺し、骨の健康を守る効果が期待できます。

睡眠への影響をやわらげる

豆乳コーヒーには睡眠への影響をやわらげる効果があります。

コーヒーにふくまれるカフェインには、眠気を覚ます覚醒効果があります。

一方、豆乳にふくまれるトリプトファンには、安眠につながる効果があります。

コーヒーに豆乳を合わせることで、カフェインが睡眠へ与える影響をやわらげることができます。

豆乳にふくまれるトリプトファンは、睡眠をうながすメラトニンの原料となります。

ただし、トリプトファンからメラトニンができるまでには十数時間かかります。

午前中に豆乳コーヒーを飲むと、カフェインの覚醒効果と豆乳の安眠効果の両方を得られるのでおすすめです。

ダイエットを助ける

豆乳コーヒーにはダイエットを助ける効果があります。

豆乳にふくまれるサポニンやレシチンには、脂肪の蓄積を抑える効果があります。

豆乳には筋肉の材料となるタンパク質も多く含まれています。

筋肉が増えると基礎代謝が上がるので、ダイエットを助ける効果が期待できます。

豆乳にふくまれる大豆たんぱく質は、体内での吸収・分解に時間がかかるため満腹感を得やすいという効果もあります。

また、コーヒーにふくまれるカフェインには脂質利用をうながす働きがあるので、運動前に飲むと脂肪燃焼を高める効果が期待できます。

豆乳とコーヒーを合わせると、ダイエットを助ける効果が両方から得られます。

腸内環境を整える

豆乳コーヒーには腸内環境を整える効果があります。

豆乳には、善玉菌のエサとなる大豆オリゴ糖がふくまれています。

オリゴ糖を取ると善玉菌が増えるので、腸内環境を整える効果が期待できます。

またコーヒーにふくまれるカフェインには、腸のぜん動運動をうながす効果があります。

豆乳とコーヒーを合わせると、腸の調子を整える効果が期待できます。

豆乳もコーヒーも飲みすぎるとお腹を下すことがあります。

飲むときは適量を心がけましょう。

肌の調子を整える

豆乳コーヒーには肌の調子を整える効果があります。

豆乳にふくまれるサポニンやビタミンEには、抗酸化作用があります。

コーヒーにふくまれるクロロゲン酸にも抗酸化作用があります。

シミやしわ、肌荒れといった肌トラブルは、体が酸化することが原因だと考えられています。

抗酸化作用のある成分を取ることで、体の酸化を予防し、肌の調子を整える効果が期待できます。

コーヒーに豆乳を合わせることで、コーヒーと豆乳の抗酸化作用を両方得られます。

豆乳コーヒーの注意点とは?

ここでは豆乳コーヒーの注意点を紹介します。

調整豆乳は太りやすい

豆乳コーヒーの注意点は、調整豆乳だと太りやすいことです。

調整豆乳は飲みやすくするために砂糖や油脂、塩分が加えられています。

そのため、調整豆乳は無調整豆乳よりもカロリーが高いです。

糖質も多く含まれるため、ダイエット中の方は注意しましょう。

無調整豆乳は飲みにくい場合もある

豆乳コーヒーの注意点は、無調整豆乳が飲みにくい場合があることです。

無調整豆乳には大豆由来の味と香りがあります。

調整豆乳よりも独特の味と香りが強いため、人によっては飲みにくいと感じることがあります。

無調整豆乳が飲みにくいと感じたときは、調整豆乳を選びましょう。

楽天24
¥1,996 (2023/08/09 15:58時点 | 楽天市場調べ)

豆乳とコーヒーが分離しやすい

豆乳コーヒーを作るとき、豆乳とコーヒーが分離してしまうことがあります。

これは、コーヒーにふくまれる酸によって豆乳のタンパク質が凝固することが原因です。

また、豆乳を加熱しすぎた場合も熱によってタンパク質が凝固します。

豆乳とコーヒーが分離しないようにするには、いくつかのコツがあります。

コーヒーの温度を下げておく

豆乳とコーヒーが分離しないように、コーヒーの温度を下げておきましょう。

スプーンでかきまぜてコーヒーの温度を下げておくのがおすすめです。

砂糖を入れる場合は、かき混ぜる前に入れましょう。

豆乳の膜を取っておく

豆乳とコーヒーが分離しないように、豆乳をあたためたときにできる膜を取り除きましょう。

豆乳をあたためたときにできる膜は、タンパク質が凝固したものです。

この膜を取り除くことで、豆乳とコーヒーが分離しにくくなります。

調整豆乳を使う

豆乳とコーヒーを分離させたくない時は、調整豆乳を使うのがおすすめです。

調整豆乳には乳化剤が入っているため、コーヒーと混ぜても分離しにくくなります。

豆乳コーヒーの作り方

ここでは豆乳コーヒーの作り方を紹介します。

豆乳コーヒーはドリップコーヒーでもインスタントコーヒーでも作ることができます。

ドリップコーヒーでの作り方

ドリップコーヒーで豆乳コーヒーを作るときは、コーヒーを濃いめに抽出します。

豆乳をあたためすぎると、コーヒーと混ぜるときに分離してしまうので注意しましょう。

ドリップコーヒーで豆乳コーヒーを作る方法
  1. ドリップコーヒーを濃いめに淹れておく
  2. 豆乳を弱火であたためる。または、電子レンジのホットミルクモードであたためる。
    豆乳の表面に膜が張ったときは、取り除く。
  3. あたためた豆乳をカップにそそぐ
  4. 豆乳にドリップコーヒーをそそぎ、よくかきまぜる

インスタントコーヒーでの作り方

インスタントコーヒーで豆乳コーヒーを作るときは、電子レンジで作るのが簡単です。

インスタントコーヒーで豆乳コーヒーを作る方法
  1. お湯を沸騰させたあと、少し置いて温度を冷ましておく
  2. カップの半分程度まで豆乳を入れ、電子レンジのホットミルクモードであたためる。
    表面に膜が張ったときは、取り除く。
  3. インスタントコーヒーを加え、よく混ぜる
  4. コーヒーが豆乳によく混ざってから、お湯をそそいで完成

豆乳コーヒーのおいしいアレンジ

豆乳コーヒーはさまざまなアレンジで楽しめます。

ここでは豆乳コーヒーのアレンジを紹介します。

豆乳とコーヒーの比率をアレンジ

豆乳とコーヒーは1:1で混ぜるのが一般的ですが、決まりはありません。

豆乳の割合を多くすると、まろやかな味わいになります。

コーヒーの割合を多くすると、コーヒーの苦みが強くなりビターな味わいになります。

目を覚ましたい朝はコーヒーを増やし、リラックスしたい夜は豆乳を増やすなど、時間帯によってアレンジするのもおすすめです。

アイスコーヒー風にアレンジ

アイスコーヒーに豆乳を加えるのもおすすめのアレンジです。

氷の代わりにアイスコーヒーを凍らせたものを淹れると、濃厚なコーヒーを楽しめます。

はちみつでアレンジ

豆乳の独特な香りが苦手な方には、はちみつを加えるのがおすすめです。

はちみつを入れると豆乳の独特な香りがやわらぎ、飲みやすくなりますよ。

きなこでアレンジ

豆乳コーヒーにきなこを加えるのもおすすめのアレンジです。

ほっとするやさしい味でいやされますよ。

シナモンでアレンジ

いつもの味に飽きたら、豆乳コーヒーにシナモンを加えてみましょう。

シナモンのスパイシーな香りが、新鮮な味わいを生み出します。

コンデンスミルクでアレンジ

豆乳コーヒーにコンデンスミルクを加えるのもおすすめです。

豆乳とコンデンスミルクが合わさることで、まろやかな味わいになりますよ。

豆乳とコーヒーの相乗効果がすごい!

豆乳コーヒーなら、豆乳とコーヒーそれぞれの効果を得られます。

豆乳コーヒーはおいしいだけでなく、うれしい効果もたくさんありますよ。

自分好みのアレンジを見つけて、豆乳コーヒーを楽しみましょう!